衝突時の安全性「ショットバック実験」

ガラスの品種別防災性能比較実験の画像をご覧頂けます。

ガラスの品種別 防災性能比較

下記表は横スクロールで確認できます。

ガラスに物がぶつかった時の状況 ガラスの割れ方比較 ガラスの破壊形状 破損した
場合の
人体への影響
破損後の
状態

フロート板ガラス

一般的なガラス。強い衝撃では衝撃物は貫通し、鋭利なガラス片が脱落し、飛散します。

フロート板ガラス フロート板ガラス × ×

網入、線入ガラス

破片の飛散はある程度防止できますが、強い衝撃では網を破り、貫通してしまいます。

網入、線入ガラス 網入、線入ガラス

強化ガラス

強度はフロート板ガラスの約3倍ですが、破損すると衝撃物は貫通します。 しかし、破片は細かい粒状になり、大きな傷害事故を減少させます。

強化ガラス 強化ガラス ×

合わせガラス

特殊フィルムはガラスに強力に接着している為、万一のガラス破損時も破片の飛散を最小限に抑え、サッシからの脱落もしにくくなります。

合わせガラス 合わせガラス

◎非常に優れている ○優れている △やや劣る ×劣る
※上記の評価は、各材料の相対評価を一般的に示したもので保証するものではありません。